30年前の記憶を辿りながら、野生ランを探す

ヒメフタバラン開花

                

(第22回)03月

ヒメフタバラン開花

やっと野生ランの開花が見られる時期がやってきました。
3月はシュンラン(春蘭)とヒメフタバランの開花が見られます。
しかし、私はヒメフタバランが自生地で開花した姿を見たことがありません。
昨年見つけた自生地は、エリアとしては2箇所、その中である程度群生していた場所は3箇所で、 私にとっては貴重なランの一つです。
そろそろ開花しているのではないかと思い、自生地の一つに行って来ました。
途中、杉林でミヤマウズラが出迎えてくれました。
目的の自生地は、 鹿や猪が通りそうな、ちょっとした沢の脇の台地です。
花がつかない個体も多数ありましたが 、ちょうど咲いている個体を発見!

ヒメフタバラン

初めて自生地にて開花を楽しめたので、とても満足でした。
ヒメフタバラン



ヒメフタバラン

今回の成果(コンプリート)
コンプリート
ヒメフタバラン