30年前の記憶を辿りながら、野生ランを探す

シュンラン開花

                

(第23回)03月

シュンラン開花

シュンランの撮影に行って来ました。シュンランは、昨年探索第一回で見つけられず、開花撮影を逃してしまったランです。
探索当初は、ほとんど絶滅してしまったのではないかと思っていましたが、まだまだたくさん自生している事がわかりました。
ヒメフタバランとシュンランは、どちらが先に咲くのかわからなかったので、ヒメフタバランの 撮影を先にしたのですが、シュンランを見に行くと、既に開花してしてから、かなり時間が経過しているようでした。
開花したばかりの瑞々しい花の撮影をしたかったのですが、ちょっと遅すぎたようです。
でも久々に開花が見られたので良しとしました。
訪れた林にはコクランも混生していました。


シュンラン

今回、一眼を購入したばかりの私に、カメラのイロハを教えてくださるENO先生にご同行頂き、見本に撮って頂きました。 先生はやはり違います。
シュンラン



シュンラン


シュンラン

今回の成果(コンプリート)
コンプリート
シュンラン